プラスケア公式ブログ

花粉やアレルギー反応│カバノアナタケ

花粉やアレルギー反応│カバノアナタケ

花粉やアレルギー反応│カバノアナタケ

アレルギーや喘息、花粉症等、免疫とかかわる症状と「カバノアナタケ」に関する記載をご紹介します。

■花粉やアレルギー反応

アレルギー、喘息、花粉症などは、本来身を守るべき免疫機能が、正常に機能せず過剰に働いて起こるアレルギー反応で自己免疫疾患に含まれる症状です。

原因は諸説あり、食品、農薬、化学薬品、活性酸素、遺伝体質、生活習慣といさまざまですがはっきりとしていないのが現状のようです。

ただ、リウマチなどを含む自己免疫疾患の諸症状を改善し回復に導いているところかカバノアナタケ(チャーガ)の免疫賦活作用にはやはり細胞レベルで正常に戻す働きがあるものと考えられます。

自己免疫疾患は、免疫細胞の一つであるサプレッサーT細胞といういわばT細胞のブレーキ役をしている細胞がうまく働かなくなるために起こると思われこれはブレーキの壊れた車のような状態となって暴走しているようなものです。
カバノアナタケ(チャーガ)は、このブレーキを修理してアクセルとのバランスを整え、正常に作用するように働きかけているのではないでしょうか。

 では、カバノアナタケ(チャーガ)に含まれる、どの成分が効果的に働きかけているのかというとひとつには副腎皮膚ホルモンの産生を促して結合組織を増強し、抗アレルギー性を高める機能を持つトリテルペン配糖体の力が考えられます。

しかし、何といっても促進と抑制を行って生理機能のバランスをとるカバノアナタケ(チャーガ)そのものの特徴が複合的に作用した結果アレルギーの原因といわれるIgEという免疫抗体を抑制し自らの身体を攻撃しなくなったものと思われます。

※(なぜロシア人は「チャーガ」でガンを治すのか 日本人体験者56人の証言)

花粉の時期になると涙を流しながらマスクをしている方を見るととても大変そうです。
簡単なことではありませんが、症状が出てからその症状を抑えるのではなく症状そのものが出にくい体質改善が必要ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>