カバノアナタケの抗酸化作用

カバノアナタケ

活性酸素と抗酸化酵素について少し触れてみたいと思います。

 老化や病気の原因とされる活性酸素は私たちの体にとって有害とされていますが、有害な面と身体の防衛上重要な役割をもった有益な面を合わせ持っています。細菌・ウイルスなどの病原菌や身体にとって異物となる物質が身体に侵入すると血液中に存在する白血球が異物から身体を守ってくれます。

白血球は取り込んだ異物を溶かし排泄するため細胞内で活性酸素を作り出し、その働きで異物を無害化します。このように活性酸素は有害である反面、身体になくてはならない物質であるといえます。

 また、紫外線や環境汚染、食品添加物などわたしたちの体内には昔の人とは比べものにならないほどあらゆる物質が身体に侵入しそれにともない多量の余分な活性酸素が放出されます。体の中で放出された活性酸素は異物を攻撃する作用が働き正常な細胞を溶かしたり、刺激を加えて様々な障害を引き起こします。

ガンなどは、過剰な活性酸素により、正常細胞に慢性的な刺激が与えられ、正常細胞の遺伝子を変異させ、ガンを発生させることが明らかになりました。

 活性酸素は身体の中のコレステロールや中性脂肪などの脂質と反応すると過酸化脂質という物質に変化します。それが血管の壁に付着すると動脈硬化を起こし脳卒中や心筋梗塞などの原因になるなど、病気の90%は直接または間接的に活性酸素が原因と言われています。

 しかし、私たちの体内にはSOD (スーパーオキサイド・ディスムターゼ)という抗酸化酵素が作られていて過剰に増加した活性酸素や、過酸化脂質の産生を防いでくれます。SODは、活性酸素のコントロールをしていると言えます。

 ところが、現代人は様々な汚染物質や化学物質などの有害物質が身体に多量に侵入し活性酸素が激増しますので身体に備わっているSODの力だけでは活性酸素、過酸化脂質を処理しきれず様々な現代病、難病が発生する原因となっています。またSODの働きは年齢とともに減少していきますので年々病気になりやすいのはこのような要因もあるとされます。

「カバノアナタケ」が寄生する白樺の木の樹液は美容と健康に優れた効果があると、ロシアでは昔から愛飲されてきました。今までの研究では、多糖類、サポニン、アミノ酸、ミネラルなどの有効成分が含まれ特に必須アミノ酸を豊富に含んでいます。人間の身体はアミノ酸で構成されるタンパク質からできており健康を保つためにはアミノ酸はなくてはならない栄養素です。

 また、多糖類やミネラルもガン、高血圧、利尿、便秘、胃腸病、美肌効果など、その守備範囲は広域に及びます。「カバノアナタケ」は、この白樺の木の樹液を吸って大きく成長しますので、豊富な栄養の宝庫なのです。

 そして、一般的にキノコ類には抗酸化物質の含有量が多く含まれており、その中でも「カバノアナタケ」は特に際立っていることが成分分析で明らかになっています。「カバノアナタケ」本来のフラボノイドをはじめリグニン、メラニンなどの抗酸化物質が豊富に含まれていますので「カバノアナタケ」の抗酸化や有効成分の効果が期待できるのでということなのです。

コメント