樺のあな茸茶の作り方【大容量版】

樺のあな茸茶

弊社の「樺のあな茸茶」は、通常1包で1リットルのお茶が作れますが、こちらで紹介するのは「樺のあな茸茶」が大容量作れる方法です。(樺のあな茸茶についてはこちら

この方法で、「樺のあな茸」を余すことなく使い切ることができます。

大容量の作り方

まずは、3リットルのやかんをご用意下さい。

  1. 3リットルのお湯を沸騰させ、火を止めます。
     
  2. お湯の中に、樺のあな茸茶ティーバッグを「2包」入れます。
     
  3. 紅茶〜烏龍茶程度の色が出たら、樺のあな茸茶は完成です。
    ティーバッグ「2包」を取り出し、お皿などで自然乾燥、あるいは冷蔵庫で保管します。
     
     
  4. 次にお茶を作る時も同じ様に、3リットルのお湯を沸騰させ、火を止めます。
     
  5. お湯の中に、3で保管していたティーバッグ「2包」と+新しい「1包」の「計3包」を入れます。
     
  6. お茶の色が出ましたら、ティーバッグから「3包」を取り出し同じ様に保管します。
     
     
  7. その後も、保管していたティーバッグ3包と、新たに1包を追加した4包でお茶を作成し、ティーバッグが合計10包になるまで繰り返します。
     
  8. 10包になったらティーバッグをお皿などに広げて乾燥させ、冷蔵庫などで保管します。
    ここまでのティーバッグ10包は一旦保管したままにします。
     
  9. 次回お茶を作るときは、また1〜からスタートして新しいティーバッグ「2包」から作ります。
     
  10. 以上を繰り返し、1〜9の工程が3回、合計30包のティーバッグを使用します。

これで、1包から1リットル以上の樺のあな茸茶がまとめて作れるお得な方法になります。


(注意)
※一度使用したティーバッグを長期間使わない場合はしっかりと乾燥させてから保存して下さい。 
※使用済のティーバッグもまだこちらの活用方法がありますので捨てないで下さい。 


樺のあな茸茶は、定価8,400円ですが、500mlペットボトルに換算すると1本140円。
上記の大容量の方法で作ると更にお得になります。
 
弊社の「樺のあな茸茶」は、北海道産カバノアナタケを100%使用しています。
自然乾燥、熱を極限まで加えず、そのまま自然の状態でお届けできるよう加工にもこだわっています。

樺のあな茸茶の購入は、お近くの正規パートナーサロン様もしくはプラスケアオンラインショップよりご購入いただけます。

プラスケアショップ
人と環境にやさしい製品を。カバノアナタケを使用した、樺のあな茸茶、天恵クオリティソープや健康と生活に役立つ商品を販売するプラスケアショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました