カバノアナタケ(チャーガ)とは

カバノアナタケ

カバノアナタケ(チャーガ)とは

カバノアナタケは、サルノコシカケ科に属するきのこの1種です。
ロシアではチャーガとよばれ、カバノアナタケは和名となります。主にロシアなど寒い地域で育ち、日本では北海道で自生しますが乱獲により近年は発見が困難になっているようです。主に白樺の木に寄生し、白樺の樹液を養分として十数年の歳月をかけて成長します。大変希少であることから「幻のきのこ」「黒いダイヤモンド」とも呼ばれ古くから珍重されてきました。見た目は黒いコブのようなきのこで、カバノアナタケに含まれる成分の健康効果が明らかになり注目されています。

日本名  : カバノアナタケ(樺孔茸、樺穴茸)
ロシア名 : チャーガ(Chaga / Charga)
種  類 : ヒダナシタケ類タバコウロコタケ科
学術名  : Inonotu Obliquus
主な成分 : SOD、βグルカン、食物繊維、ミネラル類、フラボノイド、イノシトールなど

カバノアナタケ(チャーガ)の成分

カバノアナタケには、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン類、ミネラル類、フラボノイド、リグニン、アルミ酸などがバランスよく含まれています。
また、有効成分としてβDグルカンとSOD酵素が注目されている。βDグルカンには、免疫細胞を活性化させ、免疫力を増強させる作用があると報告がある。
チャーガに含まれるβDグルカンの量は、他のきのこに比べると多く、吸収率も高い。SOD酵素には、体の中の余分な活性酸素を除去するはたらきがある。
過剰な活性酸素は、がんや老化、生活習慣病の原因になるため、SOD酵素を豊富に含むカバノアナタケにはがん細胞を抑制する効果があると考えられている

白樺の樹液で育つカバノアナタケ(チャーガ)

白樺の樹液は早春の一ヶ月間だけ採取することができます。透明でほのかに甘いこの白樺の樹液はミネラルや多糖類を豊富に含み、ロシアやアイヌの人達のあいだでは昔から馴染み深いものだとか。カバノアナタケは白樺がろ過した大地の栄養を十数年もの歳月をかけてぎゅっと凝縮し成熟するのです。大変希少であることから、「黒いダイヤモンド」とも呼ばれ古くから珍重されてきました。

カバノアナタケ(チャーガ)の三大要素

SOD(抗酸化酵素)

最高の抗酸化作用を持つカバノアナタケ(チャーガ)には、抗酸化物質が多量に含まれており、非常に高い抗酸化力を持つという報告があります。
わたしたちの身体の中には、本来SOD(スーパーオキシド・ディスムターゼ)などの抗酸化酵素があり、活性酸素を無害化する働きをもっています。
しかし加齢とともにそれらの酵素は減少するため、老化が進むとさまざまな症状が現れます。SOD酵素を補うのにカバノアナタケ(チャーガ)は最適な飲み物になります。
カバノアナタケ(チャーガ)にはこのSODと同じような働きをするSOD様物質が豊富に含まれています。カバノアナタケ(チャーガ)にはホウレン草の20倍・野菜ジュースの14倍・アガリクスの2倍の抗酸化力があります。
一般的に薬用きのこ類にはSODのような働きをするものが多いのですが、その中でもカバノアナタケ(チャーガ)はSOD活性が非常に高いことが確認されています。

水溶性リグニン

究極の食物繊維!ポリフェノールの王様!
カバノアナタケ(チャーガ)には水溶性リグニンの含有量が極めて高いキノコです。水溶性リグニンとは、強力な抗酸化酵素を持つポリフェノールの一種でありまた良質な食物繊維でもあります。リグニンは本来不溶性で、高分子のため人間の細胞内に入り込めないのですが、カバノアナタケ(チャーガ)が持つ 白色腐朽菌によって水溶性へと変化し、体内に浸透しやすくなっています。水溶性リグニンには脂肪に働きかける作用があり、ダイエットをサポートする物質としても注目をあつめています。

βグルカン

免疫力の向上成分、風邪を引かない身体作りに抜群の効果発揮!
β-グルカンはキノコ類やパン酵母に含まれる多糖類の一種で、人体の自然抵抗力を高める物質として一躍脚光を浴びました。有名なのはアガリクスやメシマコブですが、カバノアナタケ(チャーガ)にはそれらの4倍ものβ-グルカンが含まれています。健康リスクが心配な方、抵抗力を高めて外敵から身体を守りたい方 総合的に健康増進を図りたい方から特に関心を集めている成分です。

カバノアナタケ(チャーガ)の有用成分

食物繊維・ミネラル

食物繊維には、食べ過ぎ脂肪の吸引を抑える働きがあり腸内環境を整えダイエットや健康に役立ちます。この食物繊維をカバノアナタケ(チャーガ)100g中に約65gの食物繊維が含まれています。また、生活にかかせない鉄・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル分を多く含まれているため野菜や普段の食生活では補え切れない栄養分が豊富に含まれています。

エルゴステロール

ビタミンDに変化し骨の形成や維持に役立つ!
エルゴステロールは、ビタミンDの前駆物質で、あらゆるキノコに含まれており、生シイタケを日光や紫外線にあてるとビタミンDに変換されることで長く知られていました。ビタミンDは、血液中のカルシウムやリンを骨や歯に運び、沈着させるようにします。また、血液中のカルシウム濃度が低くなると、骨からカルシウムを溶出させ、一定の濃度を保つ働きもしています。ビタミンDは腸からのカルシウム吸収を助ける働きがあり、骨粗鬆症の予防胃腸の弱い方、胃や腸の手術をした方、高齢の方は腸の吸収力が低下している方に不可欠なビタミンです。 また、エルゴステロールが、がん細胞への栄養供給のためにがん細胞が作り出す新生血管の増殖を阻害する働きがあることがわかりました。

イノシトール

血液の流れを良くし、コレステロールを抑える。
イノシトールは、ビタミンB群の仲間でビタミン様物質。果実に多く含有している水溶性ビタミンです。脂肪の流れをよくしてくれるビタミンなので、抗脂肪ビタミンと呼ばれています。肝臓に脂肪がたまるのを防いだり、脂肪とコレステロールの代謝に作用したり、脳細胞への栄養や、抜け毛防止、湿疹の予防などに効果など、大切な役割を果たしています。そのため、イノシトールによってコレステロール値を下げたり、糖尿病で損傷を受けた人の神経に刺激を送ることもできます。

  • イノシトールの働き…動脈硬化や肝脂肪を防ぐ、悪玉コレステロール値を下げる、脳細胞に栄養を供給、健康な毛髪の維持、湿疹を防ぐ。
  • イノシトールの欠乏症…イノシトールが足りないために、一部脱毛症になったり、便秘、皮膚の炎症を引き起こしたりすることがあります。また、イノシトールが不足するとコレステロール値が高くなったりします。

イノシトールは脂肪肝・肝硬変等の予防・治療薬として、総合ビタミンドリンク・乳児の必須ビタミン剤等に幅広く使用されています。

βカロテン

身体に必要な分だけビタミンAに!ビタミンA余剰の心配なく抗酸化作用も!
野菜に栄養として含まれる、カロチノイドの一種であるこの物質は、『ベータカロチン』とも呼ばれ、プロビタミンAの一種でもあります。プロビタミンとは、体内でビタミンに変換される物質の事で、βカロテンは、体内でビタミンAが不足した時だけ、ビタミンAに変身してくれるとても優れた栄養素なのです。
ビタミンAなど脂溶性の栄養素は、体内に残留しやすいので、余剰にある場合は副作用を起こしかねないデメリットがあります。そのデメリットを解決してくれるのが、不足分だけビタミンAに変身してくれる、βカロテンなのです。βカロテンの効能としては、強い抗酸化作用を持っているので身体全般の老化防止や、肌・髪・爪を健康に保つといった効果があるといわれています。

フラボノイド

抗酸化作用で生活習慣予防!
フラボノイドとは植物に含まれる色素成分の総称でポリフェノールを分類した際の1つのカテゴリーで、ポリフェノールの中で最も重要な成分です。私たちは日常の食事から一日に数十~数百mgのフラボノイドをとっていると考えられます。フラボノイドが体内に吸収される量はわずかですが少量でも抗酸化作用は威力を発揮します。毛細血管を保護し血圧を適正にコントロールする作用もあり、生活習慣病を予防します。

【フラボノイド(ポリフェノール群)の作用】
抗酸化作用、動脈硬化予防、血圧を適正にコントロール

カバノアナタケ(チャーガ)を使用した製品

樺のあな茸茶(かばのあなたけちゃ)

天然カバノアナタケを100%使用した、保存料、防腐剤等一切入っていないティーバックタイプの健康茶です。

天恵クオリティソープ

天然カバノアナタケを原料に伝統的な石鹸職人が丹精込めて作った化粧石鹸です。原料は全て植物由来で全身に使えるお肌に優しい石鹸です。

カバノアナタケ(チャーガ)関連記事

コメント